Education to university

医学部の予備校

Book

医学部はどこの大学でも高い偏差値が必要とされています。医学部へ入学する際には、様々な勉強をすることが大切で、その中でも医学部専門予備校を利用する人が多いです。難易度の高い2次試験や小論文の対策を行っていきます。

Read More

大学への進学

Book

現在大学へ進学する割合も増えてきています。大学の中でも花形の学科が医学部です。医学部の競争率は高く、依然として高い水準が必要とされています。中には中高一貫の6年をかけて目指していく所もあります。

Read More

ゆとり教育の終了

Education

ゆとり教育が終了し、学習量は今後増えていく傾向があります。大学受験のセンター試験の難易度も上がっており、出題の範囲も増えてきています。今後さらに試験も多様化するとされており、勉強法を変えることも必要になってきました。

Read More

予備校選びをしっかり

university

近年では、たくさんの方が医学部予備校に通っています。大学受験のなかでも最難関なのが医学部なので、受験生の方は高いレベルを求められるので、予備校選びもしっかりと行なわなければなりません。

Read More

学習塾を使う

Education

医学部予備校は東京で探すことをお勧めします。実力派の講師達が生徒の知識を深めるべく、尽力でサポートしていますよ。

その役割と種類の多様化

学習塾とは、小中高校生が、主に放課後や長期の休み期間を利用し、学力の向上や補習のために通う私的な施設です。とくに、中学受験〜大学受験のために特化した学習塾は進学塾と呼ばれ、一般的は多くの塾が進学塾として機能しています。このため、学校が児童・生徒の情操教育や体力の増進の役割を担っているのに対し、学習塾の多くは、受験科目(英・国・数・理・社)の主要科目の学力向上や補習に特化しています。規模も全国展開する大規模なものもあれば、個人が経営するものもあります。また、指導方法も個別指導から大規模教室での一斉授業など一様ではありません。さらにAO入試など、昨今の大学入試の多様化に伴い、指導内容も多様化しつつあります。

今日の塾をめぐる環境

進学塾での指導は受験を前提としています。そのため、一般に学校よりも効率よく受験を意識した学力向上が可能になります。ですので、苦手科目の克服などに適しています。他方で、学習塾は営利目的で運営されているため、その利用には経済的負担を伴います。とくに、世帯間の所得格差が大きい場合、所得の高い世帯の児童・生徒とそうでない児童・生徒との学力の差が開き、長期的にみれば貧困の再生産をもたらす可能性が指摘されています。また、学習塾の多くは都市部に集中するので、結果として利用者の多くは都市住民になります。しかし、このような問題を克服するため、行政が授業料の一部を負担するなどして、利用を促進するケースもあります。